やっぱり(*^▽^*)ピアノ

子供の頃に挫折したピアノ、14年の時を経て復活~!
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

【レッスン】拍頭・中二病


※後でPCから装飾するかもしれません。




発表会で履く予定の靴
かかとが、ギラギーラしてます
という訳で、今回はドレスではなく膝下丈のワンピース(ネイビー)。


10月2回目のレッスンでした。


★ツェルニー30番の30番 3回目
スケールのユニゾン。
29番に引き続き、粗が目立つ曲である。


先生「毎日、符点で練習してください。」
先生「あと、速く弾く練習をしてください。」
私「どのくらいの速さですか(・_・?)」
先生「自分が弾ける限界の速さまで。」

こ~りゃ長くかかりそうだ~



★インベンション3番 4回目

前回よりテンポアップしました。

先生「良くなりました(^^)d」
先生「もっと3拍子を意識して。」
先生「どうしましょう、これ、もうマルにしますか?」
私「えっ(゜ロ゜)(好きな曲ほど早く終わる…)」
先生「暗譜するともっと綺麗に弾けるけど…暗譜しますか??」
私「(早くインベンションを終わらせて6つの小プレリュードに行きたいけど、3番をもっと楽しみたい気もする。)はい。暗譜します('ー')/」
11番の譜読みも少しずつ開始。思ったより弾きやすいかも。



★悲愴 第3楽章

通す

先生「あ、良くなりました。最後、ベートーヴェンらしさが出ていた。」
終わりよければ全て良し…にしたい(;´_ゝ`)
先生「途中の三連符、弾きづらかったですか。」
先生「出だし、ちょっと早いかな。」
先生「ここ、歌いすぎないで」
先生「右と左ががずれているので、きっちり合わせて」
先生「ここ、もっと出していい。思いきって。勇気を持って、バサッと!」
先生「すべらないように。拍頭を意識して。」
先生「ここも、拍頭にアクセント置いて練習」
先生「この調子で頑張ってください。」
私「はい、頑張ります。拍頭、拍頭で!!」
先生「アハハハハ(*≧∇≦)ノ」

「拍頭」と「禿げ頭」が似ているせいか、先生、爆笑


本番までレッスンあと5回!





スポンサーサイト
【 2017/10/14 (Sat) 】 レッスン | TB(0) | CM(2)

悲惨にしたくない

発表会まであと6週間くらい。
この時期になると、人前で弾く練習を1回でも多くしておきたいところであります。
めちゃくちゃ上がり症なので( ̄▽ ̄;)
で、先日、練習会に参加させて戴いたのですが……………

私「惨敗でした~~~!」
先月より悪い!5年前より悪い~!
先生「何が起こったんですか?( ̄▽ ̄;)演奏、録りましたか?」
私「録りました。あれ(ICレコーダー)に入っていますが………お聞かせできませんー!これを人前で弾いたのか、と。教わった事が全然できてないし、破門にされたら困るー!」
私「いきなり最初から左手がひっかかって、ここも全く指が回らず、拍は全て流れていき……」
先生「どうやって最後まで辿り着いたんですか(笑)」
私「ミスをたくさんしながら辿り着きました」
先生「そ、そうですか。。。」
私「あ、楽譜を置いたのも、悪かったかも…」
先生「え、楽譜見たのですか。暗譜してますよね。」
私「リハーサルで暗譜が不安な所が出てきて…たまに見てしまいました。」
先生「本番で楽譜を見ながら弾くのは難しいですよ。」
私「もう見ません!」
先生「では、今日はリベンジで、悲愴から弾いてみますか。」

~~ 弾く ~~

私「!Σ( ̄□ ̄;)最近、最後の連符まで弾けなくなってしまいまし………た…………」
先生「拍頭にアクセント置いて弾いてみて」
「もう一度」「もう一度」「もう一度」「もう一度」「もう一度」「もう一度」
「レ をきちんと弾くよう意識してみて」「もう一度」「もう一度」「もう一度」

先生「うん。細かい練習をたくさんすれば、問題ないですよ。細かい練習をたくさん。」
私「はい」


自分のレッスン → 中学校の保護者会 → 娘のレッスン

で、夜遅くなってしまったので、久しぶりに電子ピアノで練習するかー。

………!
あ……………。
わかった…。
私は…アップライトで悲愴を練習してるとき、無意識のうちに近所の耳を気にして音量をセーブしていたようだ。
ましてや、部分練習など、していないに等しい。
悲愴の時だけ弱音ペダル踏んでいたし。
指が回らなくなるわけですよ。
電子ピアノ+ヘッドホンで、ガッツリガッツリ思いっきり遠慮なく気兼ねなく、部分練習できたーーー!!爽快!!指、動かしたー!

やっぱり私には電子ピアノも必要だ。
半分壊れてるけど。完全に壊れないで欲しい。











【 2017/10/06 (Fri) 】 レッスン | TB(0) | CM(4)

9月レッスン最終・ピーちゃんの音・猫ごっこ



クリームが入っていて美味でございまーす!

昨日は9月最後のレッスンでございました。
発表会まであとレッスンは7回か…

 ツェルニー30番曲集より28番 4分半
メロディーにおかしなアクセントがついているという現象に悪戦苦闘した1週間でした
修正が入りつつ、弾く。
最後ファラドファラドファ ハッキリと
先生「じゃあ、これはマルにしましょ~
私「えっ!(もう1週だと思ってた。期待していない時ほどマル。)」

 ツェルニー30番曲集より29番 2分
クレッシェンド&デクレッシェンドするのを忘れていたので(爆)、弾きなおし。
大事な音が聴こえるように弾く。
私「難しいですね
先生「そうそう、この曲、難しいです。」
先生「じゃあ、これはマルにしましょ~
私「ええっ!?すごい!(もしかして、早く40番曲集を取り組ませたい?)」

先生「次、最後ですね。30番。
先生「これはこれで大変な曲です(笑)」
私「またもやスケーーールですね。うぐぐ…。」

https://youtu.be/CtvYk5cDRf0


 バッハ インベンション3番

アウフタクトの弾き方を修正
3拍子を意識して弾く
全体的に流れすぎているので、テーマ、カデンツなど意識して弾く

レッスン前にピーちゃん(うちのアップライトの名前です(笑))で弾いたインベンション3番。


 インベンション3番 MX101R

ピーちゃん…………ファミコンのピコピコ音っぽい!?(゜ロ゜;ノ)ノ
物凄くマット?
吸音パネルに吸音されたから?
弾いている時はもっと鳴ってるような気がしましたが、鳴ってないみたい(´・ω・`)
ペダル踏むともう少し響きます(そりゃそうか)



 ベートーヴェン 悲愴 第3楽章

先生「もっと、勇気を持って!」
先生「行く時は行っちゃって(ノ`△´)ノ 行っちゃっていい!」
先生「でも、先週よりは良くなった(*^▽^*)」

まだ、こわごわ弾いているみたいです(´・c_・`)
不安要素はなんだろう。
暗譜?指が回る自信がない?
心当たりがあちこちに…………( ̄▽ ̄;)


【 2017/09/29 (Fri) 】 レッスン | TB(-) | CM(6)

3週間ぶりのレッスン・WC

またレッスン記を下書きのまま葬り去るところでした
という訳で、今週のレッスン(明日)の前に、先週のレッスン記

  3週間ぶりのレッスン 

先生から頂いたお土産
おかえりなさ~~~い(*≧∀≦*)
15064877680.jpeg


 ツェルニー30番の28番【5分20秒】
先生「左手のメロディーをもっと音楽的に弾いてください」
先生「ひとつひとつしっかり弾きすぎてしまっているので、レガートで」
「特に3拍目が一生懸命弾きすぎている」
しっかり弾く音とそうでない音を区別する。
→次週に持ち越し


 ツェルニー30番の29番【4分】
先生「手首をやわらかく使って弾きます。流れるように。」
先生「クレッシェンドして。」

15064877050.jpeg
先生「ドーレーミーファーソーファーソーファーソーレーソ というのが聴こえるように」

先生「音が残るので、弾いたらすぐに指を上げて」

15064876710.jpeg
先生「ドシドシドシラソしっかり」

15064777370.jpeg
先生「レ・ソ・ドsfがついている)がカデンツなので、しっかり聞こえるように」

先生「全部が同じにならないように、大事な音が聞こえるように。
→次週に持ち越し
噂に違わず、難易度高いです( ;∀;)



 インベンション3番【8分】
初回なので、譜読みの確認。
15064877280.jpeg

( )に入っていて無視していたトリルなど追加(・д・ = ・д・)
先生「D-dur特有の何か、こう、楽天的な…夕さん、得意じゃないですか(*≧∀≦*)(笑)
楽天的に~が得意って(笑)
褒め言葉として頂戴いたします(爆)


 悲愴3楽章【11分】
私「暗譜しました、たぶん(..)」
暗譜で弾く。
せ、先生、楽譜に何か書き込んでる!(゜ロ゜;
常に鉛筆を走らせている!(゜ロ゜;

な、なにを書いてらっしゃいますかー(・д・ = ・д・)
先生「全体的に強弱をもっとщ(゜▽゜щ)」
先生「左手、ソに向かっていくといいかな」
先生「ドミソド…下から上りあげるように」
先生「揺れているので、テンポの中で処理をするように」
先生「自信を持って、響きをきく」
先生「ファの音、もっと出す」
先生「軽いものに対して、こちらはしっかりと」
先生「ここのドミナントから解決するところ。いつも同じsfにならないように。和音がちがう。
先生「最後の左手の休符を忘れないように( ´_ゝ`)バシッ!!とキメる!歌いすぎないで、バシッ!と」←バシッと弾いてくださった。
ちょーーカッコイー(*≧∀≦*)(*≧∀≦*)
録音を聞き返してみると、先月の方がマシだった(´д`|||)
音の行き先…音の行き先…
全部同じに弾かない…

先は長い~。
先生「この調子で頑張ってください(。-∀-)」

楽しかった(*´ω`*)
フォフォフォフォフォフォ


【 2017/09/27 (Wed) 】 レッスン | TB(0) | CM(6)

ツェルニー30番より28番【編集中】

ツェルニー30番より28番 レッスンまとめレポです♪

 和音の連打の練習

20170831232752f72.jpg

 レッスン1回目 2017/8/31


 連打教わる前

先生「手首を柔らかくして弾いてみてください。」
お~、キツツキみたいな動きである。
こうですかね?????


 連打教わった後

おお!弾きやすい。

続きは9月21日以降に(=゚ω゚)ノ
【 2017/09/03 (Sun) 】 レッスン ツェルニー | TB(-) | CM(6)